Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

Holidays of helper in Korea ミニちゃんのドライブツアー瑞山 絶壁の間で

2020.01.14 Tuesday | by mayumi#088

 

 

 

 続いて連れてきてもらあったのは

서산마애삼불상(磨崖三尊仏) 

  

 このような細長い石像は

日本では見かける事がほとんどない気がします。

睨みつけるように守るんじゃなくて

にこやかに迎えてくれるのが嬉しくなる入り口

 

閉園時間ギリギリなので、

結構きつめの山道を息を切らせて登っていきました。

足場を気を付けながら急ぎます。

すると 突然光がさして開けた場所に着きました。

  

とっても優しい表情をされたた仏様が

断崖絶壁の間に、たたずんでおられました。

 

「瑞山磨崖来座三尊仏」

百済時代後期に作られたもので

別名は「百済の微笑み」として有名なんだそうです。

百済後期6世紀末から7世紀のはじめに作られたと推定されていると

あるので 

年表を探してみてみると

日本では古墳時代から飛鳥時代に流れてくあたりではないかと

そう考えると 目をつぶって瞑想したくなる衝動にかられます。

 

そんな昔に、断崖絶壁の中をどのように彫ったのか

 

 

本当に貴重な場所に連れてきてもらえて

ミニちゃんには感謝だらけでございます。

 

 

ソサンは百済時代の史跡の宝庫だそうです。

 

この時のハナコさんはこの旅で一番

満ちて輝いていたように思います。

 

暗くなり寒さも増してきた山の中で

静かに燃えて輝いておりました。

 

やっぱりハナコさんはすごい!

改めて尊敬の念にかられた時間でした。