Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

命を頂く経験

2018.06.09 Saturday | by mayumi #088

 

何故か分りませんが、頭があまり良くないのにもかかららず

昔からずっと気になってしまうのは

太古の昔から継がれる

人間が生きるために培ってきた

生きていく知恵と営みです。

 

今回、フェイスブックより

鶏の解体のお手伝い募集を見た時

「行くしかない!」と思いメッセージさせて頂きました。

  

私は調子がいいので、つい口約束などを言ってしまう体質です。

ですが、このファームは

ライジングをはじめ

とある毎に来たくなってしまう場所のようです。

 

今回もまた、引き寄せられてしまいました。

北海道に来て初めてお世話になったファームです。

再び記憶をたどりバスを乗り継ぎやってまいりました。

 

 

やはり、この場所で体験させていただくのは

自然の中で感じる「生きる事」です。

 

とっても厳しくて

とっても充実した時間です。

 

キッカケとなったのは

杜の樹で読ませて頂いた本

『わたし、解体はじめました』畠山千春

 

この本に

「初めて鶏を絞めた日」という話があります。

この鶏を絞めた経験の後、改めて読み返すと

まさに!

私がその時感じた言葉にならない感情を

代わりにに表現してくれている様で

また涙がでそうになりました。

 

温かい生き物の命で

自分の命が繋がっています。

適当なんて生きられません。

 

本当にそう思えます。

 

 

ありがとうございます

 

mayumi#088 | - | - |