Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

Working Holiday on Otaru Project "whoop"

2012.12.03 Monday | by whoopって?
「whoop?って、なに?」

Working Holiday on Otaru Projectの頭文字をとったもので、意味は「休日に小樽でちょっとお手伝いをしながら、長期滞在しちゃおう!」ということです。

数時間の宿の仕事と宿泊代の等価交換(?)のエクスチェンジヘルパーです。
仕事の合間に小樽を十分に堪能できます!
外国人もOK!ワーキングホリーデーの方にもオススメ
WHOOPとは、「輪」という意味です。また、「騒ぐ」という意味もあり、「輪になってワイワイやろう」という思いを込めています。

「杜の樹」を始める前、わたしたちはニュージーランドでWWOOF(Willing Workers On Organic Farms)を利用し、旅をしていました。農場で働き、お金をもらう代わりに3食と寝るところが保証されているというものです。
それと似たようなことを「杜の樹」でやろうと思っています。
ちなみに、日本にもWWOOFがあります。WWOOF Japan: http://www.wwoofjapan.com/
ぜひ、WWOOF体験をしてみてください!オススメです!

正直な話・・・
杜の樹はそれほど忙しい宿ではありません。ですから仕事もそんなにありません。
でも、いろいろな人に「ちょっとの間でも、小樽という街に住んでもらいたい」と思っています。

小樽は運河や観光地だけでなく、住んでみてその良さを改めて実感できると思っています。そして、旅行者がそんな小樽が気に入ってくれれば、「小樽に住もうかな?」と思う人々も出てくるかもしれません。
一度は行きたい街から、また来たくなる街。そして、住みたくなる小樽へ。
そんな思いも込められています。

さて、いかがですか?
ちょっと小樽人にでもなりませんか?


「もりのき」について・・・http://morinoki.infotaru.net/