Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

Color of 10月.

2018.12.13 Thursday | by mayumi#088

      

今年の10月は

目まぐるしく変わる天気が多かった気がします。

The weather caries quite often.

 

天気に気をとられていると

いつの間にか

From summer to autumn.

 

Smell of the dead leabes.

 I like it.

 

哀愁をたっぷり感じることが出来るこの季節も

大好きな季節です。

 

 

I like autumns too.

 

ありがとうございました。

see you next year.

 

 

Dead poets society いまを生きる

2018.12.12 Wednesday | by mayumi#088

 

「いまを生きる」という日本語のタイトルに

いつもなら素通りしてしまう雰囲気があったのですが

偶然この頃に読んでいた本に

似た意味合いの話があったので思わず手に取りました。

 

英語のタイトルは

dead poets society 死せる詩人の会

  

内容を説明するのは下手くそすぎて嫌になるので、ここに書くのはやめます。

とにかく

ながら作業に用意した針仕事がマタマタはかどらない

 

とにかく素敵なお話でした。

一番印象に残ったのは

 

あの生徒が一番先に勉強机の上に立ちあがったシーン。

猛烈なせめぎ合いの中で、

一歩踏み出したアクションに思いがこもっております。

 

思い出すだけで

感極まササリマス。

色々な思いを込めつつ

かみ砕きながら味わいながらの夜ウォーク

 

良い日曜日でした。

 

ありがとうございました

Welsh ウェールズ語 

2018.12.11 Tuesday | by mayumi#088

 

日本通のイギリス男性

色んな事を教えてくれました。

とっても刺激的で面白い時間でした。

 

そんな色んな話の中の一つ

ウェールズ語

 

私の中で、

イギリスは英語の国なんだという思い込みが

なかなか強く根付しまっていました。

 

ウィキさんによると

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国からなるそうです。

 

ベッカムの国、ハグちゃんの国、スコッチの国、北アイルランドは寒そう。

 

乏しすぎる知識を

どんどん向上させていきたい所存でゴザイマス。

 

杜の樹にあるすてきな本

「なくなりそうな 世界のことば」

この中に出てくるウェールズ語

HIRAETH

(意味:もう帰れない場所に帰りたいと思う気持ち)

 

 

もしもこの言葉がなくなりそうであっても、

この本があるうちは

なくなりません。

 

なんて素敵な本でしょう。

 

感動してしまった10月の事でした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

干し野菜 二年生

2018.12.10 Monday | by mayumi#088

干し野菜の本を図書館で見つけて

挑戦してみたのは去年のこと

 

今年もまた

秋の強い日差しの力をお借りすると

あっという間に

美味しくほささります。

 

 

とくに、

大根さん。

干してから漬物にすると

食感と甘味がはるかに上がります。

 

そして、お気に入りは

去年と引き続き

漫画、「ばからもん」から影響をうけた

お漬物 『このもん』です。

甘くてしょっぱい。

これがまた、やめられない止まらない。

  

そして、

干し南瓜

干すことにより甘味が数段アップします。

 

でも

水で戻さずにそのまま油で揚げると

歯が折れるほどの硬さです。

 

その節は大変失礼いたしました。

不自然に便利だらけな生活の中でもやはり

自然の力を使った人々の工夫に

凄さをヒシヒシと感じる事が出来る

北海道

 

やはりステキデス。

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

アボカドの種

2018.12.09 Sunday | by mayumi#088

いつぞや食べたアボカドの種

 

育つとカワイイ観葉植物になる事をお聞きして

わたくしも、とある日

最初の手ほどきを受けまして、

 

捨てられる定めだったアボカドの種に

爪楊枝を三か所差し込み

水を張った空き瓶の上に添えておりました。

 

 

いつもの目線よりも上に置いていたのでしばらくの間

すっかり忘れていました。

 

 

気が付くとこんなに立派に

すっかり観葉植物にして頂きました。

 

さすが、もりのバター

 

杜の樹だからこそ、力強く伸びたのではないでしょうか。

 

おそれいります

やきとりと生ジョッキ

2018.12.08 Saturday | by mayumi#088

 

飲む事が生きがいだった生活から

一転、

最近はめっきりお酒が弱くなりました。

 

外に飲みに行く事もほとんどなくなったのです。

 

本人が一番ビックリしている現象でゴザイマス。

 

 

 

久しぶりに

お友達と鶏をたべに。

 

2時から飲む事が出来るなんて

本当にありがたいかぎりでございます。

 

程よく酔っぱらってもまだ

夕方だった時の安心感

    

 

もうお酒を飲むとブログを書く集中力がありません。

まだヴァイス一本も開けていないのに

バタン

 

 

 

  

10月きたり。

2018.12.07 Friday | by mayumi#088

 

ようやく10月に入りました朝の事

 

「ワンワンワン!」とハグちゃんのお仕事

ベルガールのお知らせにより受け取った荷物は

両親から、

お世話になっております小樽の皆さまへ

まつどの梨「新高」が届きました。

 

甘くてデカイ!

 

ありがたい限りでゴザイマス。

 

  

そして

夜はお料理メモ


 

パーティー料理で残ったローストビーフの端っこと

蒟蒻を甘辛くしぐれ煮

 

「残り物」と言うと聞こえが悪いので

閃きに任せて『リメイク』

 

  

こちらも

 

少し残った手作りいくらと

頂いたしらすでパスタにしてリメイク

 

 

メイク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩 watching movies。

2018.12.06 Thursday | by mayumi#088

 

I relux by watching movies.

息抜きと気分転換を兼ねて

針仕事をしながら日本の映画を2本見させていただきました。

Firsty

『転々』

休憩にもってこいの

味わい深い脱力系の話でした。

すんごく好きな雰囲気でした。

 

一番印象に残っているシーンは、

福原さんの話

寂しくなるために

夫婦で日曜日の最終バスに乗りに行くんだと言っていたセリフ

哀愁漂います。

 

now for the second,

『滝を見にいく』

7人のごく普通の素朴なおばちゃんが達が

バスツアーで来ていた山で迷います。

 

なんとなく自分の母親と雰囲気を重ねてしまう主人公のジュンジュン

サイトによると彼女は

この映画のロケ地の山のサポート役でロケハンに参加するはずが、

監督のイメージとピッタリなキャラだったので急遽オーディションに参加

映画デビューになったそうです。

なんて素晴らしい経緯でしょうか。

和みました。

 

どちらもとっても好きな感覚の映画だったので、

針仕事はかどらず。

got some break time!

 

Thank you very much.

 

 

cooking of ハンカク祭 Morinoki Anniversary 19th.

2018.12.05 Wednesday | by mayumi#088

Birthday party of Morinoki.

 I cooked the dish of the party.

杜の樹バースデーを祝ったハンカク祭

大変ありがたい事に、料理をやらせて頂きました。

とっても貴重な体験をさせて頂きました。

 

完成図の写真を撮る暇が無かったので、

手書きのメモと

準備中の写真で振り返ります。

 

 

<Menu>

boild soybean.

Tomato salad.

Chikuzen-ni(chicken and vegetables boiled with soy sauce…↓)

Katsuo (bonito) no tataki. 

boiled dumplings.

Hand made ramen.

Home made salmon roe pickled in soy souce 

Chirasi-sushi.

Pickle of the Japanese radish.

Kakuni(pork)

 

  

Roast beef

 

色々ベリーのショートケーキ

このスポンジケーキには大失敗が隠されています。

 

一見ふっくら焼きあがってウキウキしていたのですが、

実は真ん中が生焼けだったというハプニング

 

急遽真ん中をくり抜いて

中にクリームやフルーツを入れました。

 

気持ち的にとっても追い込まれていたのですが、

遊びに来てくれていた

ちびっ子ヘルパーズのお陰で

たのしく盛り付けをする事が出来ました。

ありがとうございます!

Home made cake!

Many happy returns!

 

こうして振り返ると、

色々反省と改善が浮かび上がります。

 

次は

クリスマス!

 

気持ちあたらに反省も踏まえて

もう一歩行きたいと思っております

 

本当に

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Long-established cake shop in Otaruをめぐる

2018.12.04 Tuesday | by mayumi#088

 

あまり甘いのは得意でないと言ってたりしますが、

actually, I like strawberry shortcake.

 

甘酸っぱい苺と濃厚なクリームがのった

スポンジのショートケーキ大好きです。

 

九月の終わりごろ  

近くのケーキ屋さんでショートケーキの予習と

ハンカク祭のパーティーメニューを考えるべく

ヒトリ作戦会議を繰り返していました。

 

↑「あまとう」Amatou

Established in1929

いちごショート

 

↑「米華堂」Beikado

Established in 1928

苺ショート

 

    

↑館ブランシェ

YAKATA BLANCHE 

Established in1936

苺のショートケーキ

 

 

どれも美味しいのですが、

私は館のしっとりボリューミーさが好きでした。

 

奥の喫茶スペースの空気感も大好きな要素の一つです。

ここで、ノスタルジックな小説など読んだら

たまらないだろうなーとウキウキします。