Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

11月の夜ご飯とケーキ Dinner & Cake of November.

2020.01.23 Thursday | by mayumi#088

 

 

11月に作った

夜ごはんとケーキ

   

ここでもやっぱり

韓国でおいしかった具沢山のキンパブを再現てみました。

玄米ご飯で魚肉ソーセージバージョン

これも美味しかったですが、やっぱりキンパブは韓国で食べた方がおいしいです。

ミニちゃんが作ってくれたキンパブにココロ焦がれます。

 小樽駅の中にあるタルシェさんで売っていた

コロポックル村の無添加ベーコン

噛めば噛むほどやわらかい脂とスモーキーな香りが丁度良く

トマトソースとよく合いました。

 

 もうひとつ印象深いのは、高知のお土産で頂いた

ふわふわなちりめんじゃこと小松菜のシャキシャキが良い感じの

和風醤油味のペペロンチーノ

 そしてケーキたち

ハロイン用の飾りの南瓜と思っていたら

水っぽい系の南瓜はケーキにぴったりでしっとりできます。

もちもんホックリ系も食べ応えがあって

またよろし。

 

ありがとうございました。

 

Breakfast たち of 11月 November.

2020.01.22 Wednesday | by mayumi#088

 

11月の朝ごはん

コラージュでひとまとめにすると

なんとなく達成感を感じます。

とある日の

朝カレー朝食

思いのほか人気ものでした。

さすがカレースメル

コッペパンづくりにハマっています。

作りやすいレシピを

さらに作りやすく自分流に微調整中でございます。

 

いちばんのお気に入りは、

お寿司屋さん用の甘い玉子焼きにパン粉つけて揚げた

たまごフライを挟んだコッペパン

魅惑の甘くてしょっぱい系で尚且つ

やわらか食感とサクサク食感のコラボレーションです。

      

そして、最後は

韓国の滞在中

お土産に持たせてくれた貴重なお味噌

大切に持って帰りついに

朝ごはんで使わせて頂きました。

 

とっても力強い風味の豆の味噌

砂糖と合わせて甘味噌にして食べると

物凄くおいしいソースになりました。

柔らかく煮た大根との組み合わせがとっても良かったです。

とにかくこの甘味噌は11月限定ソース

また食べたいならばやはり

もう一度韓国に行かなくてはいけません。

 

ありがとうございました。

             

11月のプチパーチー

2020.01.21 Tuesday | by mayumi#088

 

 

今となっては、

ことの発端が定かではございませんが

写真で振り返る11月の小さなパーティー

とある日

ヘルパーななみんと

皆で匂おう「ジンギスカンの会」

同じくとある別の日

ヘルパーななみんと共に

香川について話を聞く「どんべい鍋の会」

また別の日

ヘルパーデンちゃんとともに

おかちゃんプロデュース

「ラムしゃぶの会」

 

こうして、お客さんもヘルパーも関係なく

タイミングで開催されるプチパーチー

 

その時、そのタイミングで美味しいものを囲む集い

あの空気感は

あの時、あのタイミングでのみによってしか繰り広げられない話題ばかり

 

一夜、一夜が

いつも通りのようで

まったくいつも通りじゃない

 

とっても愉快でございます。

ありがとうございます

 

Novemberのはじまり

2020.01.20 Monday | by mayumi#088

 

 韓国からもどると

いつもの杜の樹ライフが流れておりました。

   

朝のラジオから聞こえる北海道のラジオ番組から

この曲が流れてきたとたん

ノリノリお掃除タイムとなりました。

そこで

無性に見たくなりハグさんとのんびり

「ゴーストバスターズ」

もうひとつ

過ぎてしまったと思っていたニハチの蕎麦パーティー

開催とのお話を聞き

張り切って準備のお手伝い。

 

鰹出汁の香りは

やはり日本人に染みこんでいる

落ち着く香りだと

つくづく思いました。

ご馳走様でございました。

  

それにしても

外を歩くと思った通りすっかり紅葉は後半戦でした。

植物も鳥も人も

冬支度に忙しそうな11月

やっとスタートです。

 

ありがとうございます。

 

帰国後の韓国料理ホリック

2020.01.19 Sunday | by mayumi#088

 

 

美味しいもの食べまくった

韓国の旅から戻ると

 

記憶が新しいうちに

色々と韓国フードを再現してみました。

 

帰って早速作ってみたのは

あり合わせの食材で作ることができた肉まんの

マンドゥー

 

美味しくできましたが、

あの時の感動とは少し違うんです。 

  

ミンちゃんから頂いた韓国のラーメンが

訪れた安城のラーメンだった事に今更気づいて感動したり

 

マッコリを飲む時のヤカンが可愛くてお土産にしたもので

お茶を入れてみたら

違和感無いという違和感を感じたり

 

ホットクは「おやき」になってしまうし

マンドゥはやっぱり「肉まん」になってしまいます。

        

その中でも少し本場に近づけた気がしたのは

「ムルキムチ」

でもまだ何かが足りない。

 

やっぱり現地で美味しかったものを

また食べたいならば、

また行くしかなさそうです。

 

韓流ドラマにはハマりませんでしたが、

韓流フードにはハマってしまったようです。

 

ありがとうございます。

 

韓国で出会った皆様 大変お世話になりました。

2020.01.18 Saturday | by mayumi#088

 

 

こうして2週間弱の韓国の旅を終えました。

長々と韓国旅行のブログを書かせてもらいありがとうございました。

 

今回、たくさんの韓国の皆さんに大変お世話になりました。

 

もっともっと詳しく書きたい事もたくさんあったのですが、

ひとます、杜の樹ヘルパー ブログという事なので

一緒に働いたハナコさんをはじめ、ミニちゃん

スルちゃん、ユネちゃんについて名前を出させてもらいました。

ありがとうございました!

食べ物や場所について確認させてもらったり

写真を使わせてもらったり

長々とお世話になりました。

ありがとうございました!

 

そしてヘルパーの皆さんの他にも

数日間泊まる場所をご提供してくれたご家族についてや

今まで経験した事のないような素晴らしい車に乗せてもらった話や

美味しいものや、貴重な場所につれてきてもらった話

日本語クラスでの皆さんの話

一日中時間を下さり、私たちにアートを体験させてもらったご夫婦の話

K子さんからお聞きした貴重なお話や、一緒に過ごした思い出

まだまた書き足りない事ばかりなのですが、

思い出の写真はここですべてをアップせず

またいつの日か、皆さんとその写真を見ながら思い出話をしに

お邪魔できたら素敵だなと思っております。

 

ほんとうに

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

Holidays of helper in Korea 再会 Helper friend ユネちゃん

2020.01.17 Friday | by mayumi#088

 

 チムチルバンで良い汗を流した翌日

ついに韓国最後の日となりました。

    

最後にみんなで食べたのは

本場の「タッカルビ」

辛いソースとチーズが

マニチェゴー

イメージでもうヨダレがでます。

  

そしてこれはなんと!

以前一緒にヘルパー生活を送ったユネちゃんがご馳走してくれました。

 

そうです。

とある杜の樹の朝ごはんの時間にユネちゃんから教えてもらった「チメッ」というワード

チキンと一緒にビールを飲む事

 

いつか一緒に「チメッ」しましょうね、と言っていました。

そして、それを

ほんとに叶えてくれました。

なんて幸せなんでしょうか!

   

 

忙しいなか時間を作ってくれてありがとうございました!

すごく楽しい夜でした。

 

ほんとうにご馳走様でした!

 

 

ありがとうございます

Holidays of helper in Korea 人生初のチルジムバン

2020.01.16 Thursday | by mayumi#088

 

みんな知ってるチムジルバン

私は知りませんでした。

 

試しに検索してみると

韓国式の健康ランド!

モダンなスーパー銭湯?!がでてきたりしますが

今回連れてきてもらったのは嬉しい事に、その中でもディープな

昔ながらのチムジルバンだったそうです。

 

岩盤浴のように先にシャワーを済ませてから入ります

受付でお金を支払い、

専用の服とタオルを借りていざ!

 

廊下を通って

懐かしい音を響かせながら引き戸を開けると

入り口から入って右側にに小動物の巣のように見える丸い土のカマクラがいくつか並んでいます。

その中の一番手前にある窯にだけ火が燃え上がっていて

その横に並んだ丸い土のカマクラの中がサウナの部屋になっています。

 

 土のカマクラには入り口が空いていて、熱を逃がさないようにカーテンで塞いでありました。

火の燃えている窯から遠くなる程サウナの温度が低くなっていくそうです。

カーテンを開けて中に入ると、土の上に木の板が渡してあり

そこに茣蓙のようなものと枕が置かれていたと思います。

ギシギシと音を立てながら落ち着く場所に腰を下ろしたり、寝ころがったり。

たまに知らないオバサンや、オジサンと一つ同じカマクラの中

無になったり。

 

入り口から入って左側は小上がりになっていて

サウナから出て休憩できるようなスペースになっています。

低めの温度の窯にはいり、出たり 入ったり

眠ったり、起きたり。

「シッケ」というミニちゃんちの自家製ドリンクを頂いたり

こっそり茹で卵を食べたりと満喫

そうです。

話に聞いていたヤンモリ(羊の頭)を作ってくれました。

 

このように休憩しながら、何度も何度も出たり入ったりして過ごします。

 

いい汗かいて

皆と過ごす最後のよるは更けていきました。

 

この日の夜の帰り道の空気が

とっても気持ちよかったのを覚えています。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

Holidays of helper in Korea ミニちゃんのドライブツアー瑞山 絶壁の間で

2020.01.14 Tuesday | by mayumi#088

 

 

 

 続いて連れてきてもらあったのは

서산마애삼불상(磨崖三尊仏) 

  

 このような細長い石像は

日本では見かける事がほとんどない気がします。

睨みつけるように守るんじゃなくて

にこやかに迎えてくれるのが嬉しくなる入り口

 

閉園時間ギリギリなので、

結構きつめの山道を息を切らせて登っていきました。

足場を気を付けながら急ぎます。

すると 突然光がさして開けた場所に着きました。

  

とっても優しい表情をされたた仏様が

断崖絶壁の間に、たたずんでおられました。

 

「瑞山磨崖来座三尊仏」

百済時代後期に作られたもので

別名は「百済の微笑み」として有名なんだそうです。

百済後期6世紀末から7世紀のはじめに作られたと推定されていると

あるので 

年表を探してみてみると

日本では古墳時代から飛鳥時代に流れてくあたりではないかと

そう考えると 目をつぶって瞑想したくなる衝動にかられます。

 

そんな昔に、断崖絶壁の中をどのように彫ったのか

 

 

本当に貴重な場所に連れてきてもらえて

ミニちゃんには感謝だらけでございます。

 

 

ソサンは百済時代の史跡の宝庫だそうです。

 

この時のハナコさんはこの旅で一番

満ちて輝いていたように思います。

 

暗くなり寒さも増してきた山の中で

静かに燃えて輝いておりました。

 

やっぱりハナコさんはすごい!

改めて尊敬の念にかられた時間でした。

 

 

 

Holidays of helper in Korea ミニちゃんのドライブツアー瑞山 海美邑城(ヘミウプソン)でランチ

2020.01.13 Monday | by mayumi#088

 

 

海美邑城(ヘミウプソン)門を出たら

お昼ご飯

  

やっぱりオカズがたくさんあります。

これだけでもご飯が進みます。

歩いていると太刀魚がたくさん売っているのを見たので

食べたかったのです。

 

ありがとうございます!

 

太刀魚の辛い鍋

 

魚をこのように辛い鍋で頂くという新鮮な体験でした。

食後、日が暮れる前にもうひとつのソサンの見どころへと連れてきてもらいました。

 

つづく