Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

また来夏! see you again next summer!

2019.10.14 Monday | by hanako#169
image0.jpeg
ぴよす!
杜の樹に置いてきた荷物の中に、丁シャツが1枚も入っていないことに気づいたハナコです。
来夏、丁シャツ持っていくのを忘れないようにしなければ。

9月24日は、いよいよ小樽の夏が終わった日。
そうです。私の旅立ちの日でした。
杜の樹に前夜宿泊してくださったナカムラユカリさんとアスカさん、そしてヘルパー仲間のミニちゃんと札幌まで出掛けられたので、
いつもの夏の終わりのように、寂しくて泣きたい気持ちにならなくて済みました。
今夏も、皆様に大変お世話になりました。
また、2まわりくらい大きくなれました。
これは、絶え間無く美味しいものを与えてくださった、マサさんとマユミさんのお力が大きいです。
因みに、小樽での最後の食事は、『みかん』の味噌ラーメンでした。
皆様、今夏も本当にありがとうございました!
また来夏、ももさんに私の存在を認識してもらうところから始めたいと思います。
来夏も皆様、よろしくお願いします!

hello! this is Hanako.
I noticed that I hadn’t left any of my T-shirts at Morinoki.
I must not forget to bring them next summer.

September 24th was the day when the summer in Otaru finally ended.
yes. it was the day for my leaving.
I could go to Sapporo with Nakamura Yukari-san and Asuka-san who stayed at Morinoki the night before and my helper friend Mini-chan.
so I was lucky because I didn’t feel lonely and want to cry as usual at the end of summer.
I got so much help and kindness from everybody relates Morinoki in this summer.
I could be the twice bigger person again.
this is because of Masa-san and Mayumi-san who had always given me delicious food.
as a side note, my last meal in Otaru was miso ramen noodle soup at the ramen noodle restaurant “Mikan”.
thank all of you very much again in this summer!
I would like to be going to start by getting Momo-san to recognize my existence again next summer.
I will come back home, Morinoki, again next summer!

今夏最後のナカムラユカリ祭 the last Nakamura Yukari festival in this summer

2019.10.07 Monday | by hanako#169
image2.JPG
ぴよす!
フロイトの『精神分析入門』は下巻だけ、
シバリョー(司馬遼太郎)の『坂の上の雲』は
第4巻だけしか読んだことのないハナコです。

9月23日は、今夏最後のナカムラユカリ祭でした。
午後3時頃スタートで、まずは元杜の樹ヘルパーのアヤノさんのステキなお店、OTARU TAP ROOMへ。
ナカムラユカリさん、ミニちゃん、マユミさん杜友のツカさんとフジタさん、アヤノさん、そして私という、楽しい杜の樹仲間が大集合して、ビールとコーヒーを楽しみました。
その後は、最後の小樽ドライブ。
なぜか、1日前に行ったばかりの原さん家を、見つけられませんでした。
そして、杜の樹に戻って来てから、若ちゃんとアスカさんが加わって、今夏最後のマユミディナー。
石狩鍋に美味しいお酒を堪能いたしました。
こんな風に、ナカムラユカリ祭はいつも楽しいのです。
ナカムラユカリさん、そして、杜友の皆さん、毎夏ありがとうございます!

hello! this is Hanako.
I've ever read only volume 2 of Freud's "Introductory lectures on psychoanalysis" and volume 4 of Shiba Ryotaro's "Clouds above the hill".

on September 23rd, it was the last Nakamura Yukari festival in this summer.
we started the festival around 3pm
and first, we visited a lovely pub, OTARU TAP ROOM", which is owned by Ayano-san, one of ex-Morinoki's volunteer helpers.
we Morinoki relatives: Nakamura Yukari-san, Mini-chan, Mayumi-san, Tsuka-san and Foujita-san as Morinoki friends, Ayano-san and I gathered and enjoyed beer and coffee.
after that, we went to the last drive in Otaru.
I still don't know why but I couldn't find Hara-san's house where I'd visited only 1 day ago.
then we went back to Morinoki, Jak-chan and Asuka-san also joined us
and had Ishikari style hotpot and nice sake for the last Mayumi's dinner in this summer together.
in this way, Nakamura Yukari festival is always fun.
thank you every summer, Nakamura Yukari-san and Morinoki friends!

杜の樹20周年! happy 20th birthday, Morinoki!

2019.10.06 Sunday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
シュレディンガーのハナコです。
それすなわち、体重計にのるまで、私は太ったか太ってないか決定していないのです。
だから、体重計にはのりません。

9月22日は、杜の樹の20周年記念パーティでした。
おめでとうございました、杜の樹!
成人式ですね。
というわけで、あらゆる種類のお酒を飲み、お祝いしましたよ。
そしてもちろん、マユミさんのごちそう、ケーキ、秋刀魚、ジンギスカン、鹿肉、マサさん手打ちの蕎麦、等々、たくさんの食べ物もいただきました。
さらに驚きなのは、歴代ヘルパーのナルさん、ナベさん、ミニちゃん、マユミさん、私が総結集!
杜の樹愛大爆発の成人式でした。
改めて、杜の樹20周年、おめでとうございます!!

hello! this is Schrödinger's Hanako.
that is, until I got on the scale, I haven't been determined to be fat or not.
that's the reason why I decided not to weigh myself.

on September 22nd, the party for Morinoki's 20th anniversary was held.
happy anniversary, Morinoki!
that means coming-of-age ceremony in Japan.
(in Japan, we are allowed to drink alcohol and smoke 20 years and older.)
so I celebrated by drinking many kinds of liquor.
of course, I also had delicious dishes cooked by Mayumi-san, cake, a grilled pacific saury, lamb bbq, venison, soba noodles handmade by Masa-san and so on.
what's even more surprising, Naru-san, Nabe-san, Mini-chan, Mayumi-san and I as successive helpers of Morinoki gathered together!
it was a sweet celebration with a lot of our love.
I'd like to say again "happy birthday, new adult Morinoki!!"

観らさった cannot help watching

2019.09.29 Sunday | by hanako#169
ぴよす!
ゴールデンカムイの19巻をまだ読んでいないハナコです。
因みに、深夜食堂は5巻までしか読めていません。

9月21日は、フレンチお姉様方が監督された映画のDVDを観ました。
このお二人は、パリで『太陽劇場』という劇場を主宰されているご高名な方々なのです。
さてさて、その映画は難民についてのお話で、全部で12時間以上に渡る大作ですが、
私はいちばん始めのディスクの2時間18分を観せていただきました。
演劇と映画の間のような興味深い演出で、現実味のない演出なのに、話自体にはとても現実味があり、
話はわかりやすいけれど、観ている側が考える余地がたくさんあって、とても不思議な感覚でした。
大きな爆発やカーチェイスもないし、息をもつかせぬ展開でもないので、
片時も目を離せずに観入ってしまうというというわけでもないのですが、
気がつくと観ていて、静かにどこまでも観ていたい気になりました。
これぞ、蝦夷弁の『観らさった』なのではないでしょうか。
(自分の意思とは関係なく、どうしても観てしまう様子。そしてなぜか、現在なのに過去形。)

hello! this is Hanako.
I haven't read volume 19 of the comic "Golden Kamuy" yet.
additionally, I read "Shinya Shokudo (midnight restaurant)" only until volume 5.

on September 21st, I watched a movie DVD which our French ladies directed.
they are quite important persons that they own their theatre "Le Théâtre du soleil" in Paris.
by the way, the movie was about refugees and an epic for more than 12 hours,
I watched the really the first disk of 2 hours and 18 minutes.
it's very interesting direction between a play and a movie,
there's not so much reality on the direction but so much reality in that story.
the story was really easy to be understood but had so much blank to be considered by ourselves, so that meant it's a very special feeling.
there were no car chases and  no breathtaking happenings,
so it's a bit different feeling from like "I couldn't take my eyes off the movie".
but I had been watching it before my realising and felt that I'd like to watch it quietly more.
this feeling shows so Hokkaido's dialect "mirasatta", doesn't it?
(the word means "regardless of one's intention, but can watch it".)

image1.JPG

ジェットコースターな1日 a roller coaster day

2019.09.22 Sunday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
毎日、お風呂掃除のときに、ゲジゲジを1匹外に出しているハナコです。
同じヤツが、毎日戻ってきているに違いありません。

9月20日は、たくさんのとても楽しいイベントがあって、まるでジェットコースターのような1日でした。
まず、バイト終わりのマユミさんをかっさらって、フレンチお姉様達と映画。
アド・アストラというこの日公開だった映画を観ました。
かなり宇宙酔いしました。
次に、スーパーマーケットで、マユミさんがセルフレジに初挑戦。
見事に使いこなすことができたので、これからは長く待つ必要がなくなりましたね。
そして、台湾から来た古くからの杜友ジョーさんが、とても豪華で美味しい台湾料理の晩餐を作ってくださいました。
楽しい宴で盛り上がった後、完全に油断していたところへ、さらに元杜の樹ヘルパーのナルさんがいらっしゃいました。
私の知らない昔の杜の樹のお話をいろいろ聞けて、とても面白かったです。
つくづく、杜の樹が愛されていることを実感した1日でした。

hello! this is Hanako.
I throw a house centipede away everyday while I'm cleaning the bathroom.
I think the same one must come back everyday.

on September 20th, it was like a roller coaster day because I had so many exiting events.
first, our lovely French ladies and I carried Mayumi-san away to a movie theatre after she finished her part time job.
we watched the movie "Ad Astra" which was released on that day.
I got space sick a lot.
next, Mayumi-san tried self checkout at a supermarket for the first time in her life.
she could use it very well so she doesn't have to wait longer anymore.
and then, an old Morinoki friend, Joe-san, from Taiwan cooked us gorgeous and delicious Taiwanese dinner.
after that nice party, we weren't completely aware but one of our very important old helpers, Naru-san, arrived at Morinoki.
it was so much funny to listen to the old stories about Morinoki which I don't know.
I deeply felt that Morinoki is loved by anyone so much.

ごっつぁんです! I'm becoming like a sumo wrestler!

2019.09.21 Saturday | by hanako#169
ぴよす!
寒い寒いああ寒い!
寒さに弱いハナコです。
9月19日は、午前11時頃に、気温が12°Cしかありませんでした。
こんなの石垣島なら、1年のうちでいちばん寒い日の気温ですよ。
寒くて仕方ないから、食べては寝て、食べては寝てしていたところへもってきて、
晩ごはんは、マユミさんの美味しいカツ丼、そしてそのカツが余っているというではないですか。
そりゃもちろん食べますよね。
がっつし晩ごはんにカツ丼を食べたすぐ後に、さらに追いカツ、食後のドリンクとして大量のお味噌汁、お酒2種、そしてフレンチお姉様方から差し入れのシュークリームを2つ。
どんどんお腹周りの見た目が逞しくなっているとともに、寒いからドテラを着ていたので、
かなり力士化して見えるのです。
ただ私、ご存知の通り運動はからっきしなので、もちろん相撲もできません。
相撲取れない相撲取りって。。。
まあでも、美味しいものを食べて太るのは幸せなことなので、良しとしましょう。
hello! this is Hanako.
oh no it's too cold!
I'm very weak for coldness.
on September 19th, it was only 12 °c around 11am.
it's the temperature of the coldest day of the year on Ishigaki island.
it's toooo cold, so I ate, slept, ate and slept for a whole day.
and the dinner was pork cutlet with rice cooked by Mayumi-san.
besides dinner, I heard that there are moreover cutlets.
of course, I ate them.
soon after I ate pork cutlet with rice for my dinner, I also ate extra cutlets, a lot of miso soup  as a drink after dinner, 2 kinds of alcohol and 2 cream puffs which were gifted by our French ladies.
my tummy is getting bigger and I wore dotera (Japanese traditional thick room jacket) because it was cold, so I've become like quite a sumo wrestler.
but as you know, I'm really no good at sports, so of course I cannot sumo wrestle.
oh no... sumo wrestler who cannot do sumo...
however it's very happy for me to eat delicious foods and get fat.
image1.JPG

任務完了 mission complete

2019.09.20 Friday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
杜の樹生活が あと1週間しかないことに気づいたハナコです。
ああどうしましょうどうしましょう。。。

9月18日は、朝からナカムラユカリ祭でした。
まゆモ(マユミさんの朝ごはん)とヘルパー仕事の後、私のリクエストにより、ユカリさんが真っ赤なナカムラユカリ号で、忍路に連れていってくださいました。
なぜ忍路をリクエストしたのかというと、これには長い物語があるのです。
5年以上も前、私が初めて杜の樹にお客としてきたとき、街の古い建物が好きだと話した私に、マサさんが『小樽たてもの散歩』という、とても面白い本をくださいました。
その本には、小樽中のステキな建物がたくさん載っていて、
私は2日間の滞在中に、本に載っている小樽市街地の建物81箇所を、駆けずり回って全て見にいきました。
しかしそのときは、本に載ってはいるものの、市街地からは離れたところにある祝津と忍路には行けずじまいでした。
その後の数年で、祝津には行けましたが、忍路を訪れる機会がなく、今まで生きてきてしまいました。
でも遂に、遂に遂に、忍路へ連れていってもらえるチャンスが巡ってきたのです。
目指したのはただ2つ『北海道大学 忍路臨海実験所』と、『津古丹稲荷神社』。
これにて『小樽たてもの散歩』に載っていた建物はコンプでき、5年以上越しの夢が叶いました!
長く生きているといいことがありますね。
ナカムラユカリさんとお友達で、本当によかったです。
(写真は『北海道大学 忍路臨海実験所』です。)

hello! this is Hanako.
I noticed that I can stay at Morinoki only 1 more week.
oh how can I do, how can I do...??

on September 18th, Nakamura Yukari festival had been held since morning.
after Mayu-mo (breakfast cooked by Mayumi-san), I cleaned rooms as a helper,
Yukari-san took me to Oshoro by her nice red car as my request.
there's a long story why I requested to go to Oshoro.
more than 5 years ago, when I came to Morinoki for the first time as a guest,
I told Masa-san that I like old buildings in town.
so Masa-san gave me a very interesting book "building strolls in Otaru" which has so many nice buildings on it.
during my 2 days staying in Otaru, I tried so hard to visit all 81 buildings in the town area of Otaru on that book and I made it.
but at that time, I couldn't visit Shukutsu and Oshoro because these 2 palaces are far from the town area of Otaru.
in the next few years, I could go to Shukutsu however there's no opportunity to go to Oshoro until now.
but finally, finally finally, I could get a chance to go to Oshoro.
I had only 2 aims "Oshoro marine station of Hokkaido university" and "Tsukotan-inari shrine" to go.
and then, I finally could visit all buildings on the book and my mission complete.
my dream came true after more than 5 years!
lucky things happen while I live long.
I'm so happy to have Nakamura Yukari-san as my friend!
(the picture is "Oshoro marine station of Hokkaido university".)

忍者蝙蝠男と犬少女 Batman ninja and a doggie girl

2019.09.17 Tuesday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
ほとんど書き終わっていたこのブログを、保存もしないで削除してしまったハナコです。。。
嗚呼、もう一度書かねば。。。

9月17日は、天気が良かったにも関わらず、出かけないで、
昨日観ようと思っていた映画のDVDを観ました。
『ニンジャバットマン』というアニメ映画です。
アニメなので、描けば何でもありだから、『こういうものが一緒に全部出てくればいいな』という夢が過剰に詰まった映画でした。
バットマンで、忍者で、戦国時代で、城の合体ロボで、正義と義理人情で。。。
楽しい映画でしたが、何よりも嬉しかったのは、犬少女のハグさんが、ずっと仲良く一緒に映画を観てくれたことでした。

hello! this is Hanako.
I deleted this blog post that I already almost finished writing...
oh no, I have to write it again...

on September 17th, even though the weather was good, I haven't been out and watched a movie DVD which I'd planed to do so yesterday.
it's an animation movie "Batman ninja".
because anything is possible in animations, the movie was like that was packed with dreams of "hope all of these things come out together".
batman, ninja, the warring states period in Japan, combined castle robots, justice and humanity...
the movie was fun but the happiest thing for me was that our doggie girl, Hug, had watched that movie together with me for a long time.

またもワープ warped again

2019.09.16 Monday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
朝ごはんのときに、口の内側を噛んだハナコです。
頰肉が、内側にも膨張してきているに違いありません。

9月16日は。。。
マサさんが、お昼ごはんに『くろ』にトンカツを食べに連れていってくださり、お店から出た途端、雨が。
いらないところでまた秘めたる力を使ってしまいました。
それ以降は雨だったので、杜の樹で映画のDVDを観ようと思っていたのに、
いつの間にか、布団の中でワープして、晩ごはんの時間になっていました。。。
杜の樹の時空が歪んでいるのだと思います。

hello! this is Hanako.
I bit inside of my mouth while I was eating breakfast.
I think that my cheeks are expanding to inside too.

my September 16th was...
Masa-san took me to have pork cutlet lunch to "Kuro"
and just when we left the restaurant, it started raining.
I used my useless magical power again.
after that, it's continued raining all day so I planed to watch movie DVD at Morinoki
but I warped in my bed and it already became the time for dinner...
time and space at Morinoki are distorted, I think.

ワープしてお祭へ warped to a festival

2019.09.16 Monday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
段々と、相撲のとれない力士の風格を備えてきたハナコです。
ドスコイ!

9月15日は、なんとも楽しいお祭に行ってきましたよ!
小樽稲荷神社で行われた、天寿月です。
16時頃、徒歩で杜の樹を出発するとき、
マサさんに、『ハナコさんは、途中で寄り道し過ぎて、
21時の終わりの時間までに、お祭会場に辿りつけないね』と言われて送り出され、私も半ばそんな気がしていましたが、
なんということでしょう、小樽文学館のところで、扉の跡らしきものをジッと眺めていたら、偶然、杜友のツカさんにお会いしたんです。
そこからツカ車で、お祭会場の神社までワープ。
ツカさんと一緒に、充分お祭を堪能することができました。
フラ・カヒコ、タヒチアンダンス、ベリーダンス、それに私も乱入、テクノパーカッションユニットのライブと、それに合わせた妊娠9ヶ月の妊婦さんのファイヤーダンス等、
とにかく、押しつけがましくないエネルギーに満ち溢れた、魅力的なお祭でした。
ただひとつだけ、蚊の演舞を除いては。。。

hello! this is Hanako.
I'm getting like a sumo wrestler that cannot wrestle because I always eat a lot.

on September 15th, I joined a very nice festival!
it was held at Otaru-Inari shrine and called "Tenjuduki".
when I left Morinoki around 16o'clock on foot,
Masa-san said to me, "you will drop in everywhere on your way and must not be able to reach the festival until 21 o'clock which is the time to be finished."
actually I also felt so but how lucky I was!
while I'd dropped in at Otaru museum of literature and watching the ruins of the gate on the ground,
Tsuka-san, Morinoki friend, found me by chance.
and then, we warped to the shrine where the festival was held by his car
so I could enjoy the festival enough together with Tsuka-san.
hula kahiko, Tahitian dance, belly dance and joined together for it, music live of an electro-percussion band, fire dance of 9-months-pregnant lady and so on.
all programs were not pushy but so impressive with a lot of power.
but although except only 1 thing: dance of mosquitoes...