Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

また来夏! see you again next summer!

2019.10.14 Monday | by hanako#169
image0.jpeg
ぴよす!
杜の樹に置いてきた荷物の中に、丁シャツが1枚も入っていないことに気づいたハナコです。
来夏、丁シャツ持っていくのを忘れないようにしなければ。

9月24日は、いよいよ小樽の夏が終わった日。
そうです。私の旅立ちの日でした。
杜の樹に前夜宿泊してくださったナカムラユカリさんとアスカさん、そしてヘルパー仲間のミニちゃんと札幌まで出掛けられたので、
いつもの夏の終わりのように、寂しくて泣きたい気持ちにならなくて済みました。
今夏も、皆様に大変お世話になりました。
また、2まわりくらい大きくなれました。
これは、絶え間無く美味しいものを与えてくださった、マサさんとマユミさんのお力が大きいです。
因みに、小樽での最後の食事は、『みかん』の味噌ラーメンでした。
皆様、今夏も本当にありがとうございました!
また来夏、ももさんに私の存在を認識してもらうところから始めたいと思います。
来夏も皆様、よろしくお願いします!

hello! this is Hanako.
I noticed that I hadn’t left any of my T-shirts at Morinoki.
I must not forget to bring them next summer.

September 24th was the day when the summer in Otaru finally ended.
yes. it was the day for my leaving.
I could go to Sapporo with Nakamura Yukari-san and Asuka-san who stayed at Morinoki the night before and my helper friend Mini-chan.
so I was lucky because I didn’t feel lonely and want to cry as usual at the end of summer.
I got so much help and kindness from everybody relates Morinoki in this summer.
I could be the twice bigger person again.
this is because of Masa-san and Mayumi-san who had always given me delicious food.
as a side note, my last meal in Otaru was miso ramen noodle soup at the ramen noodle restaurant “Mikan”.
thank all of you very much again in this summer!
I would like to be going to start by getting Momo-san to recognize my existence again next summer.
I will come back home, Morinoki, again next summer!

よるのご飯 of Sep

2019.10.11 Friday | by mayumi#088

 

9がつの夜ご飯の一部

 

 

  

豆乳担々麺

とにかく豆乳を開封してしまったら

何はともあれ牛乳ではなく豆乳です。

 

    

煮豚の中華蕎麦

 

ヒレ肉が安かったのでさっぱりと

煮汁とたっぷり生姜とニンニクでやさしめラーメン

 

土鍋デかつ丼

 

サクサクもいいけど、綴じたのもいいです。

 

玉ねぎがクタクタに見せかけてシャッキっとしてるのが好きです。

紅ショウガは無くてもいいですが

色的に欲しい.

 

そういえば、

好きなお弁当は

赤いカリカリ梅

をとった後の赤いご飯と黒いゴマの冷たいご飯でした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

食べ物由来の香りのアロマ

2019.10.10 Thursday | by mayumi#088

ふと秋を感じることが多くなってきた

9月

 

 

      

すっかり肌が乾燥するようになってきたころ

 

より一層

珈琲が美味しくなってきて、

 

同時に小麦が焼けるにおいが嗅ぎたくなります。

  

ホームベーカリーさんの力を借りたり

低温発酵でゆっくりしっとり手作りするパンだったり

 

  

甘い卵のにおい

芳ばしいココアのにおい

 

もちろん食べるのも好きですが

少しで良くて、

どっちかというと

もうすぐできる時のにおいが

室内に立ち込めている状態になる事が好きです。

 

ちょっと前は

香水やら

アロマやお香などにも少しは興味があったのですが

今ではそれを買う前に

 

キッチンで自分で香りを出して

勝手に満足している日々です。

 

とっても気に入っている感覚の一つです。

 

ありがとうございます

 

 

 

 

納豆から明治初頭の大冒険

2019.10.09 Wednesday | by mayumi#088

 

スルちゃん最後の朝の食卓です。  

 

  

キッカケは納豆だったような

藁だったような

  

とにかく、この頃はいつものように話題が大きく躍動感あるふれる中で

紹介して頂いた漫画

「ふしぎの国のバード」

 

明治のはじめの日本を

イギリス人女性が旅をするストーリー

日本人も旅した事のないルートで

蝦夷を目指す話だそうで

 

なんと実在した女性冒険家だそうです。

 

すごい夢中です。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

Sapporo autumn festとカシュウ麺

2019.10.08 Tuesday | by mayumi#088

 

Odori Park was lively.

雰囲気につられて一杯。

   

SORACHI 1984

小松菜の様な青い香り

この日の爽快な昼間の空気にぴったりでした。

 

A fountain and lawn.

 ひとり乾杯!with a book in one hand.

The sun of the early afternoon.

      

この時読んだのは確か、

「ヴィヨンの妻」

コントラスト感がすごくて

もう大変でした。

小樽に戻ると、なんだかほっこりと

無性にラーメンが食べたくなりました。

 

という事で〆「華舟」さんの

カシュウ麺

 

食べても食べても減りません

食べても食べても熱々です。

それでもスープも美味しくて頑張っちゃいます。

 

はち切れそうな満腹感のおかげで

太宰治さんワールドから

程よく小樽に戻してもらえました。

 

満腹って偉大です。

 

 

Hokkaido Museum of Modern Art カラヴァッジョ展

2019.10.07 Monday | by mayumi#088

 

とある日

新聞の片隅に載っていたこの

「病めるバッカス」という画になんとなく惹きつけられてしまいました。

 

調べているうちに

まじかで感じてみたくなりまして即チケットを購入

  

手元にチケットだけを

ずっと持っていたのですが、チャンス到来。

 

難しい歴史背景や美術の歴史やら

技法なんて全く詳しい知識もないので、なおさらなのか

時間をかけて解説を読んだりしている時間がとっても楽しかったです。

 

イタリアの地名は何とも美味しそうな名前が多い事か

 

     

 

没頭すると腹ペコです。

館内にあるレストランでスペシャルランチ

なんとなくテンションがナイフとフォークを使いたがったのでした。

 

午後から無料で講演される

カラヴァッジョ劇場というのがあるというので

お昼休憩の後の

講義みたいな雰囲気が久しぶりでした。

 

折角の貴重なお話だったのですが、

気持ちよく瞼が落ちてきました。

こんな場合の睡魔に戦う心得が無さすぎて

申し訳がございません。

 

公園終了後の騒めきだけ味わって

外の空気

 

折角久しぶりにきた札幌

 

「何しよっかなー」と

見上げた都会の空でした。

 

 

今夏最後のナカムラユカリ祭 the last Nakamura Yukari festival in this summer

2019.10.07 Monday | by hanako#169
image2.JPG
ぴよす!
フロイトの『精神分析入門』は下巻だけ、
シバリョー(司馬遼太郎)の『坂の上の雲』は
第4巻だけしか読んだことのないハナコです。

9月23日は、今夏最後のナカムラユカリ祭でした。
午後3時頃スタートで、まずは元杜の樹ヘルパーのアヤノさんのステキなお店、OTARU TAP ROOMへ。
ナカムラユカリさん、ミニちゃん、マユミさん杜友のツカさんとフジタさん、アヤノさん、そして私という、楽しい杜の樹仲間が大集合して、ビールとコーヒーを楽しみました。
その後は、最後の小樽ドライブ。
なぜか、1日前に行ったばかりの原さん家を、見つけられませんでした。
そして、杜の樹に戻って来てから、若ちゃんとアスカさんが加わって、今夏最後のマユミディナー。
石狩鍋に美味しいお酒を堪能いたしました。
こんな風に、ナカムラユカリ祭はいつも楽しいのです。
ナカムラユカリさん、そして、杜友の皆さん、毎夏ありがとうございます!

hello! this is Hanako.
I've ever read only volume 2 of Freud's "Introductory lectures on psychoanalysis" and volume 4 of Shiba Ryotaro's "Clouds above the hill".

on September 23rd, it was the last Nakamura Yukari festival in this summer.
we started the festival around 3pm
and first, we visited a lovely pub, OTARU TAP ROOM", which is owned by Ayano-san, one of ex-Morinoki's volunteer helpers.
we Morinoki relatives: Nakamura Yukari-san, Mini-chan, Mayumi-san, Tsuka-san and Foujita-san as Morinoki friends, Ayano-san and I gathered and enjoyed beer and coffee.
after that, we went to the last drive in Otaru.
I still don't know why but I couldn't find Hara-san's house where I'd visited only 1 day ago.
then we went back to Morinoki, Jak-chan and Asuka-san also joined us
and had Ishikari style hotpot and nice sake for the last Mayumi's dinner in this summer together.
in this way, Nakamura Yukari festival is always fun.
thank you every summer, Nakamura Yukari-san and Morinoki friends!

杜の樹20周年! happy 20th birthday, Morinoki!

2019.10.06 Sunday | by hanako#169
image1.JPG
ぴよす!
シュレディンガーのハナコです。
それすなわち、体重計にのるまで、私は太ったか太ってないか決定していないのです。
だから、体重計にはのりません。

9月22日は、杜の樹の20周年記念パーティでした。
おめでとうございました、杜の樹!
成人式ですね。
というわけで、あらゆる種類のお酒を飲み、お祝いしましたよ。
そしてもちろん、マユミさんのごちそう、ケーキ、秋刀魚、ジンギスカン、鹿肉、マサさん手打ちの蕎麦、等々、たくさんの食べ物もいただきました。
さらに驚きなのは、歴代ヘルパーのナルさん、ナベさん、ミニちゃん、マユミさん、私が総結集!
杜の樹愛大爆発の成人式でした。
改めて、杜の樹20周年、おめでとうございます!!

hello! this is Schrödinger's Hanako.
that is, until I got on the scale, I haven't been determined to be fat or not.
that's the reason why I decided not to weigh myself.

on September 22nd, the party for Morinoki's 20th anniversary was held.
happy anniversary, Morinoki!
that means coming-of-age ceremony in Japan.
(in Japan, we are allowed to drink alcohol and smoke 20 years and older.)
so I celebrated by drinking many kinds of liquor.
of course, I also had delicious dishes cooked by Mayumi-san, cake, a grilled pacific saury, lamb bbq, venison, soba noodles handmade by Masa-san and so on.
what's even more surprising, Naru-san, Nabe-san, Mini-chan, Mayumi-san and I as successive helpers of Morinoki gathered together!
it was a sweet celebration with a lot of our love.
I'd like to say again "happy birthday, new adult Morinoki!!"

中秋の名月 the harvest moon

2019.10.05 Saturday | by mayumi#088

 

 

 

I don't know why, but I feel Japan.

 

   

二度目の夏を満喫していたので

十五夜だったのですっかり忘れていました。

  

教えてもらって気が付きました。

この日は中秋の満月

ご近所のアジアの国では家族で焼き肉をしたり

ランタンを灯したり

ムーンケーキを食べたりと色々お話を聞かせてもらってきたというのに

すっかり忘れていました。

 

せめてほんの気持ちだけ込めました夜ご飯は

「お月見パスタ」です。

 

         

確かにこの時期は

外で月を愛でるには最適な気温です。

月を眺めながら過ごすという習慣はとっても風流で

日本を感じる風景です。

 

これも何故だかはわかりません。

 

このように季節を感じる行事は

旧暦のカレンダーに合わせた方がしっくりくる気がします。

 

ときたま密かに

月の満ち欠けを感じながら

自分の気持ちのリズムをのっけたりてます。

 

満月よし!

から次の満月に向けて裏でコツコツ準備期間がきて

新月で一度気持ちにリセット

新たな気持ちでまた満月に向かう。

 

今年も綺麗に眺めることが出来きました。

ありがとうございました。

 

 

 

日仏韓 Mt.Ttengyama tour.そして

2019.10.04 Friday | by mayumi#088

 

いよいよヘルパースルちゃん

出発の前日。

Thanks to the rain, I could see the rainbow.

  

この日は色々ありました。

なんと大好きなフランスのお二人が

スルちゃんとハナコさんと共に会いに来てくれて

そのまま天狗山に連れて行ってくれました。

  

車で天狗山の山頂までの道案内を

英語を使ってするという高度な技は私はもちろんできませんでした。

そこを

見事ハナコさんのナビにより到着。

ありがとうございました。

 

そしてリスと戯れます。

無事にお宿まで送り届けて頂きました。

メルシーボク!

 

そしてこの後、

の流れがまたおかしい。

 

折角最後の日なので、

三人でお散歩に行ったような気がするのですが

なんと

スルちゃんが髪をカット

そしてその切ってもらっている姿を後ろから

ハナコさんと二人見守るという

今まで体験したことがない盛りだくさんな一日でした。

 

私たちにまでお茶をご馳走していただいた美容室フレッシュ&ピースの皆さま

どうもありがとうございました。