Working Holiday on Otaru Project

WHOOP it up!「もりのきヘルパー's Blog」

2月のPARTY

2017.03.27 Monday | by mayumi@whooper#088

二月の某日

杜の樹の主

マサさんのお誕生日会が、ごく近しいお友達の皆さんのみで

ひっそりと、

   

そしてディープに行われました。

 

やはり

理想のご夫婦像はこのお二人です。 

 

  

I like minority.

 

お誕生日おめでとうございました!

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省 おまけ

2017.03.24 Friday | by mayumi@whooper#088

今回は、杜の樹も雪あかりが終わった直後で割とバタバタしている中

お休みを頂いたのですが

 

ちょっと一人になりたかったので

寄り道

 

1500円で必要なものを借りることが出来て

温泉が楽しめると!

しかも朝食付き!

 

しかし一晩利用するとなると

深夜料金として追加で1500円を支払う仕組みでした。

 

それにしても

飛行機の飛び交う音を聞きながら入る露天風呂というのは

初めて体験しました。

 

落ち着きませんw

が面白かったです。

 

女性専用の仮眠をとれるデラックスルームがあったので

油断をしていたのですが、

イビキが激しい人がいたり、

風邪っぽい咳をしている人が居たり

1人一枚と書かれた薄手のブランケットが寒かったり

久々に眠れぬ夜を過ごしました。

 

もし次に利用する機会があったら

マスクとカイロとイヤフォンを

 

ちょっと冒険でしたが

空港に泊まるという貴重な体験が出来ました。

 

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省ファイナル

2017.03.23 Thursday | by mayumi@whooper#088

 

オウチ最後の朝

母の好きなミモザの花が庭先でかわいく見送ってくれました。

   

念願の再会も果たし

時の流れと状況の変化を感じました。

某「叙々苑」にて贅沢ランチ

  

色々な事を感じつつ

空港へ向けて

    

羽田から乗った飛行機は丁度夕暮れの時間で

小さい窓から差し込む

雲の上からの夕焼けショータイム

写真には撮れなかったのですが

ずっと横目で眺めていました。

 

色んな事を考えながら見た美しさが

頭の中で焼き付いてます。

 

夕暮れの時間を狙って帰りの飛行機をとるのもありなのかなぁと

思ったりしましたが

 

偶然に見る事が出来た景色に

より一層感動するものがありました。

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省part5

2017.03.21 Tuesday | by mayumi@whooper#088

 

おばあちゃんと長い時間一緒に居られて嬉しかったので

喜んでくれそうな花の写真をたくさん撮影。

   

そして、やっぱり気になったのは

傷んだギター

 

楽器屋さんを探して

メンテナンスグッツを購入

 

慣れない弦の交換は達成できず

ヒトマズココまで

  

オウチ最後の夜

 

母と交代で家に帰り、父の帰るまでに夜ご飯ミッション

        

手作り麻婆豆腐と

お味噌汁。これの具材は母が作った干し白菜。

確かに甘味が増している気がして美味しかった

  

他、サラダと

もやしの梅和え

 

母も帰ってきて

予想外の妹も帰ってきての

麻婆豆腐の晩餐会

 

相変わらず久々家族四人がそろっても、

二チームに分かれたテレビ鑑賞をメインとした構成だったのが

相変わらずで面白い。

 

なにはともあれ、

こうして家族にご飯が作れて楽しかった事と

美味しく食べてくれた反応で

 

今の状況とか

自分の事を話したり楽しく会話したりするのと

同じような効果がある事を願う。

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省part4The 風情

2017.03.19 Sunday | by mayumi@whooper#088

前日、家族で連れて行ってもらった場所に

改めて

自分の意思でひとり

公共交通機関を使って行ってみるとまた面白くって

例えば

見慣れた地元の駅に

味わいを感じたいだけ足を延ばせるという解放感

 

さらには気候が違う北海道からの帰省の為か

地元に帰って来たというのに

咲いている花にも感動したり

       

 家の近くに新しく線路が出来るらしく

新しい道が建設中で誰も居ないピカピカのアスファルトと

電源の入っていない信号機がそびえ立ち

小さいとき遊んだと思われる竹藪の景色の記憶の重なり方

 

家の数メートル先で

パラレルワールドに迷い込んだような感覚

  

あの竹垣に竹が

規則正しく組まれている感じが久しぶりだったり

雪国を毎日歩いているので

まず、雪が一切ないアスファルトと乾いた冷たい風

 

小樽では見る事のなくなった

柑橘類の木と竹の垣根に改めて風情

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省part3

2017.03.19 Sunday | by mayumi@whooper#088

引き続き、

オウチに滞在。

今までは

久々に帰ったと思えば、友達と飲みに行ったりして

何の連絡もせず

帰りが遅くなったり、電車を逃したりとするのが常でした。

でしたが、

今回は家の事を考えての帰省

 

それがどれだけ迷惑だったのか改めてヒシヒシと

大変にイチゴ大福です。

  

父も喜んでくれて二日目も

たくさんお酒を進めてくれましたが

部屋にも久しぶりの再会が待っています。

 

富士中の指紋認証さんが

ちゃんと私を覚えていてくれました。

 

そして、

おじちゃんから頂いた弾けないままのクラッシックギター

痛々しい姿で発見。

 

貼っていたステッカーが誰なのか

今になってやっとわかったり。

 

視点は時の流れと共に変化しています。

 

そんな事を感じながら睡魔に落ちます

 

 

 

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省part2

2017.03.18 Saturday | by mayumi@whooper#088

横浜の午前中の青があまりにも気持ちがいいので、

ちょっと長居しました。

温かい日差しとちょっと寒い海の風の中

本が進みます。

   

帰り道、渋谷を通過するので試しに東横線の終点で改札を出まして

そのまま明治神宮の駅まで歩きます。

 

見慣れたはずのルートですが結構代わっていたり、そのままだったり

もうすこしブラブラとする予定でしたが人ごみに疲れ果て電車に逃げました。

相変わらず座れないので裏技を使いどうにか帰りました。

  

地元につくと色々と思いを巡らせ

重いバックパックを背負ったまま

テクテクと色々歩きました。

    

無事に家に着くと、父が待っていました。

 

そうです。

今回は色々家のお手伝いをしにお休みを頂いたのでした。

  

父リクエストのカレーを

あるもので。

 

もっと色々と作りたかったのですが、

母の不在のキッチンで勝手がわからず

余計な事もしてしまったかもしれませんが

 

喜んでもらえたら良かったです。

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の帰省一日目 横浜

2017.03.17 Friday | by mayumi@whooper#088

雪国小樽から新千歳空港へ向かう電車は真っ白

羽田に着くとカラカラの快晴。

空気が違います。

 

そして早速

乗ってみたかったリムジンバス

羽田から横浜中華街の方まで

アクセス抜群です。

   

山下公園に着くと

並ぶピカピカのアシストチャリに興奮

Bay bike

ここで借りて

あっちで返す

スゴク魅力的です。

 

が今回は待ち合わせの為

近場を散策

  

やっぱり小樽の景色とダブる

建物と海の見える港

  

違和感を感じるのは

カモメのサイズ

そして何より、この季節で海風を感じながらベンチで休めるという

雪国ではあり得ない状況での至福のベンチで読書

  

夜は行列ができるという横浜中華街のお店

山東(サントン)の水餃子

噂通り、モチモチつるつるで

ココナッツのつけダレがクセになります。

そんな

折角なので友と再会な

帰省一日目の夜でした。

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の触発 雪あかり

2017.03.16 Thursday | by mayumi@whooper#088

すっかり遠い気がしますが

二月は雪あかりがありました。

 

今年も杜の樹マサさんによるヒッソリとしたすばらしき作品に触発され

初心者の雪あかりの遊びスタートです。

右の明かり作品を見て

まずは私も雪の中でただキャンドルをつけてみました左

冷たくて熱い状態

   

次は石段の脇の雪の壁に

スキマが空いていたので

自然にできた奇跡の形に

光を灯したく、狭い場所に手を突っ込みは消え

ツッコミは消え、気づけば冷え切り。

 

ある時は寒さにメゲテ穴だけ掘って灯したり。

   

またとある日

エビスの缶を神々しくしたくてアイスピックで穴

これは缶がジュワジュワとなり火傷します。

別の日はカマクラを灯し

  

また別の日

ストーブの上昇気流を見ての思い付き風車を折り紙で作ってみました。

が回る事を願いすぎるのか近づけすぎて回り始めと同時に

燃え上がります。

ストローも使っているのでよく燃えるんです。

凍えているので、むしろありがたい諦めの炎

 

翌朝エビスの缶は灰皿と間違われていたり。。。

  

ただただ、無心で漏れる光を眺めつつ

 思いつくまま

そんな自由な遊びを楽しみました。

寒くて静かで無心になれる炎の時間

素敵な時間でした。

 

ありがとうございました。

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |

2月の外食

2017.03.15 Wednesday | by mayumi@whooper#088

希少な外食レポ

 

日曜日のランチはローカルなお店で

ビールと美味しい餃子を求めてさ迷うのが最近のマイブーム

左は大丸ラーメンです。

看板に手作り餃子とあったので気になって

勇気を振り絞り瓶ビールと餃子を注文しました。

 

何といっても日曜日の昼過ぎに入る待ち時間に見るテレビが楽しみです。

 

右はとある日曜日の夜ご飯

誰も居ないコタツで高級食材のエビスと生協のお惣菜を

お皿に盛って贅沢を楽しみます。

レバニラとエビスの青

最高です

   

続いて

久しぶりの女子の集いで行った

「鶴吉」

杜の樹から近所なのも魅力ですが

お客さんがよく求めている八角というお魚のお刺身

 

お造りで出てきた姿は圧巻

幻の高級魚だと聞いたり

はたまた、小樽が栄えたキッカケのニシン漁でちょっと邪魔だったとかと聞いたり

 

色々あるんでしょうけど、

インパクトは凄かったです 

 

  ゆっくりと飲みたいお友達が、小樽にやってきたらココ。

 

今の所はそう思います

 

 

 

mayumi#088 | comments(0) | - | - | - |